アラサー独女の移住生活

東京茅場町のオフィスレディーが7センチヒールを脱ぎ捨て高知県土佐市に移住した記録。(飲兵衛は相変わらず)

進捗情報【宇楽家】

やっと!やっと!!

耐震工事の許可がすべて降りて、耐震工事がほぼ終わりそうです!

 

許可がおりるまで、とにかく進められる所を進めておこうと、地域の皆様のお力をお借りしました。

排水管、水道管設置、電気配線、浄化槽設置が終わりそう!

 

 

 

 

本当に皆さん全力で手伝って下さって、

いつもの電気屋さん、むりやり連れてこられてる大工さん、何でもできちゃう水道屋さん、無理言ってユンボやらユニックやらクレーンで作業してくれた地元の土木業者さん、全然本職じゃないのにガラ運びやら手伝ってくれる元プロの方等等、、、、

本当にいろんな方々が時間を作って手伝って下さって、、本当にどうやってこの感謝を表せるものか……….

 

f:id:kyoryokutosa:20180926164559j:plain

 

 

f:id:kyoryokutosa:20180926164616j:plain

 

 

f:id:kyoryokutosa:20180926164630j:plain

費用削減のために、社長自ら作業してくださる地元の土木業者さん........

 

f:id:kyoryokutosa:20180926164639j:plain

合併浄化槽だけで60万とかするんですよね........ 

 

 

 

 

しかし当初の予定よりもオープンがずれてしまいそうです。

10月の2週目の週末に宇佐でお祭りがあるのですが、そこにどうしても間に合わせたかったのです。。

耐震工事、内装、家具家電の設置などは順調にいっているのですが、

なによりも用途変更や消防法等の許可系が全て降りるのが11月に入ってしまいそうです。

箱自体は10月中旬に完成したとしても、オープンしました!と言えるのは建築指導課、保健所、消防、税務署等の許可や届け出が全て完了してからになります。

皆様にはご迷惑をお掛けいたしますが、オープンの日が決定し次第また報告致します。

 

 

 

 

やっぱり古い家は剥がすとボロがいろいろ出て来て、直さないといけない箇所が多すぎます…….

雨漏りも見つかり、屋根を貼り替えなければいけなくなり…..

予算を大幅にオーバーする可能性が出てきました…

 

やっぱりそんな上手くいくわけないんだよな….とまた弱気になってたら、宇佐の父に

「ひとつずつ、コツコツ進むしかないんだよ」と。

本当その通りだなって思います。

 

ひとつクリアしたと思ったら、また次の壁にぶち当って、そうやってひとつずつ丁寧に着実にこなしていくしかないんですよね!!!

大丈夫!協力してくれる人がこんなにいるんだ!

 

 

 

そして昨日、特定施設設置届出という書類がやっと受理されました!

素人が見てもなんじゃこりゃ?っていう、水質汚濁防止法により提出しないといけない書類なんですが

何度も何度も書き直し、浄化槽の会社に問い合わせたり、全然関係ない設備屋さんにお願いして配管図書いてもらったり

保健所の担当者の方はめっちゃくちゃ親身になって書類を直してくれたり

(余談なんですが、高知県中央西保健所の方って本当に涙が出るくらい親身になって教えてくれて、訂正してくれて、意味から書き方まで事細かく解説してくれて…..何を聞いても全く相手にしてくれない部署もあるのに、、同じ行政でもここまで対応が違うのかと驚愕しました……w)

 

 

2つ目の書類はクリアしましたが、

あと4種類必要な許可があるので、一つずつ、確実に片付けて行きます!!!

 

 

施工主としていろいろ把握するのは凄く難しくて、本当に地域の方々の協力がなかったら絶対ここまで出来てなかったなと身をもって感じてます。

 

 

『この日に合併浄化槽を埋めるには、何日までにユンボで掘らないかんね~』

『シャワールームを設置するならあと30センチはハツらないとコンクリ打てんよ~』

『ボードとガラは分けて持っていかんとあかんよ~』

『ここはこう断熱材をいれないかんき~』

 

今まで生きてきた中で聞いた事ない単語ばかりで、わけがわかんないけど

地域のプロ達のおかげで、着々と形になってきています。

 

 

f:id:kyoryokutosa:20180926165354j:plain

 

f:id:kyoryokutosa:20180926165400j:plain

 

 

f:id:kyoryokutosa:20180926165406j:plain